ブログ

反応と対応

全国の新型コロナの感染者が増えてきた中で、神奈川県でも1/15に1,500人を超えてきました。短期間での急な増え方もあり、今日16日から3密回避のため、入店人数を15人から10人に修正しました。ここで理解を示してくださるお客さまが多く助かる中で、抵抗感をむき出しにするお客さんもいたり、反応の違いがありました。人数調整のところよりも外で待たされることが耐えられないのか分かりませんが、どうか3密回避という理由のために誘導対応しているスタッフに当たるのはやめていただけないでしょうか。ここ数ヶ月感染者が減っていた状況に慣れてしまったためか、自己都合を押し付けられても他の方達はお店のルールに合わせていただいている訳ですから、そこはご理解の上、店内に入った際には快適にお買い物をしてもらいたいので、どうかお願いします。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

福袋

今朝出勤すると、テーブルの上にスタッフ全員への福袋が置かれていました。

今年1年頑張ろうって思えるステキなサプライズでした。

ありがとうございます♪

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クリスマス

今日、休憩室にたくさんのお菓子が置かれていました、
気持ちが弾むうれしい心遣いかできるスタッフに感謝です。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ラストスパート

今朝出勤するとうれしい差し入れが置かれていました。年末の慌ただしさの中で、疲れが溜まってきていたところにほっとする心遣い。
ラストスパートで乗り切りたいと思います。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お客様より

今日来店されたお客様からうれしいポストカードをいただきました。ご自身で作られたそのカードの言葉「パンは人を笑顔に」はとても共感するものですので、スタッフみんなでそういうパンとサービスを提供できるように、心がけていきたいと思います。この気持ちを忘れないよう店内に飾らせていただきます。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

繋がり

有難いことにパンドクルーでは復帰してくれたスタッフが何名かいます。中には産後に復帰を控えている人もいてうれしい限りです。いつからそういうお店になったのか分かりませんが、お店の良さのひとつです。このことに改めて気付かされたのは、先日中々深刻な人手不足な状況が続いていました。こうなった時は事態が急転することはそうそう無いものですが、今回このタイミングに復帰を望んでくれた人が現れたのです。パンドクルーでの経験者でもあるおかげで、仕事にもすぐに慣れてくれて助かりました。この出来事からこうして振り返りましたが、お店との縁や繋がりが作用したように思えてなりません。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いざと言う時

東京と神奈川を中心に約30店舗のお店を構えていたパン屋さんが倒産しました。それを知ったのはその会社の社員の方からの連絡でした。「そんな事が起きるのか!」というのがまず思ったことです。その会社の上層部以外の人達は当日に知ったそうで、その日をもって仕事を失ってしまいました。翌日パンドクルーの近くにもお店があるので見に行くと、確かに営業しておらず実感しました。大きな会社でしたが、働いてくれていた人達への無情さに驚きましたが、以前「例え会社が無くなったとしても従業員の命がなくなるわけではないし、他の勤め先を探せばいいだけのこと。命をかけて真剣に考えるのは社長だけだから、自分の命だけ心配すればいい」と言っていた同業社長がいました。その考えには同調できるものではなく、いざという時に自分のことより、スタッフの事を優先的に考えられる自分でありたいと強く思いました。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フードロス対策からの繋がり

フードロス対策として1年ほど前から「リベイク」というサイトを利用してロスパンの詰め合わせセットの販売を行っています。おかげさまで全国からたびたび注文をいただいています。この中で時折以前相模原にお住まいで、遠方に引っ越しされた方からのご注文の際に、当時のエピソードを教えていただけることがあります。先日は、お店の近くの高校に通っていた頃に立ち寄っていた時のエピソードを知ることができました。地域の方に親しまれるお店でありたいと思ってやっていますが、こうして離れたところの方々とも繋がれていることをこのサイトを通じて知ることができうれしくなりました。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不快な体験から

時々お店や役場を利用した際に、相手の言葉足らずや愛想の無さから不快になってしまう時があります。窓口対応では淡々とした説明のみを言うだけで、一切こちらの問いかけには無反応の場合なんてこともあります。こうした場合暫くはモヤモヤしますが、ある程度時間が経つと「ウチのお店は同じようなことをしていないか?」と思うようになります。それからそういう目線でスタッフの対応を見てみますが、感じの良い言葉遣いでの対応してくれているのを見れてホッとしています。施設や店舗のやり方はそれぞれですが、対応の仕方に社風のようなものが表れてしまうものだと、他所での不快な思いをしたことから気づかせてもらえました。理想は全ての利用してもらった方にとって、快適なお店であることですが、今のスタッフ対応からはかなり近いところではないかと有難く感じています。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パン屋探訪から

気になるパン屋さんは極力見に行くようにしています。
行ってみるとガッカリしてしまう事が多いのは、紹介しているお店やパンの画像が映えすぎているためのギャップによることが多いです。それでも行けば何かしらの気づきがあり、目的のパン以外のものに惹かれたりすることもあるので見に行きます。先日は都内のお店に行ってみましたが、思っていた以上に狭い店内で、「店内2名まででお願いします」と張り出してあったほど。対面販売のそのお店は注文を急かすように促してきてゆっくり選ぶことはできませんでした。評判のパンも見た目重視のものや、パンは良いのに店員さんの対応が台無しにしたりということは多々見かけているので、ウチはそう思われないようにと気づけることもパン屋探訪の良さです。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加